第23回チャリティーフットサル大会を終えて

(撮影時のみマスクを外しております。)

7月17日(日)に第23回チャリティーフットサル大会を開催いたしました。

今大会は、ガチリーグ8チーム、エンジョイリーグ8チームに加え、20人以上の1日マネージャーの皆様にご参加いただきました。新型コロナウイルス対策のために参加者を筑波大生のみに限定しているのにも関わらず、このように多くの方に大会に参加していただけて嬉しい限りです。

また、当日は心配されていた雨の影響を受けることはなく、写真のような晴天のもとで大会を開催することができました!

「宴」というテーマを掲げた今大会は、カンボジアのお祭りをコンセプトにカンボジアとの繋がりを感じてもらうと同時に、一生の思い出となるような大会を目指しました!テーマを実現するためにワールドフットメンバーは試行錯誤を重ね、会場の装飾やブースなどではカンボジアの雰囲気を感じることのできるものを目指しました。皆さま楽しんでいただけたでしょうか?少しでもカンボジアの雰囲気を感じて頂けていたら幸いです。

また今大会は、「カンボジア物産展」「チェキブース」「国旗づくり」など新たな試みも多く実施いたしました。物産展ではタマリンドジュースやココナッツジュースを販売しました。味は賛否両論ありましたが、カンボジアのドリンクを味わえる貴重な体験になったのではないでしょうか!

今後もより良い大会が開催できるよう、ワールドフットメンバー一同精進していきます。

今大会の収益は私たちが行うカンボジアでの国外活動に充てられます。身近なサッカーが遠くのカンボジアの人々の笑顔につながっていることを参加者の皆様に感じてもらえるように、チャリティーフットサル大会以外でも様々な活動を行っていきたいと考えております。

最後に、参加していただいた皆様、大会開催にご理解いただき協賛していただいた協賛企業様、皆様のおかげで大会を開催することができました。改めて本当にありがとうございました。

今後ともWorldFut TSUKUBAを宜しくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です