【新生活シリーズ第7弾】お家紹介 ~宿舎編~

▶前回のお家紹介~天2×天4×春4編~は楽しんでいただけたでしょうか?

▶今回は前回に引き続き「宿舎編」をお届けします!💌

▶特に一の矢宿舎もしくは平砂宿舎に入居予定の方は必見です!

あや(12代目)
あや(12代目)

こんにちは~!

WFT12代目、新2年生のあやです🌻今回は去年の8月から一の矢宿舎に住んでいる私が筑波大学の宿舎事情をお届けします。

「ノルウェーの刑務所よりも劣悪な環境だ」と噂される筑波大の学生宿舎ですが、住めば都です!

新生活に対する不安が少しでも解消されると幸いです!ぜひ参考にしてみてください!

筑波大の宿舎には、北から一の矢宿舎、平砂宿舎、グローバルヴィレッジ、追越宿舎、春日宿舎があります。グローバルヴィレッジ以外の宿舎は基本的に所属する学類をもとに大学側から振り分けられるので、自分で選ぶことはできません。

宿舎の基本情報については大学のホームページに掲載されているので割愛させてもらいます🙏

宿舎のメリットは?

まずは宿舎に住むメリットについて…

とにかく宿舎は安い!!私が住む一の矢宿舎改修棟(単身部屋)だと光熱費を含めても月に2万円程度という驚きの安さ!ただし、シャワーと洗濯をする際には毎回100円玉が必要になります。なので宿舎民は100円玉を無意識のうちに集める習性がありますね。固定費をなるべく抑えて他のことにお金を使いたい方には宿舎をお勧めします!

また、宿舎に住んでいるとたくさんの筑波大生と知り合うことができる点もメリットですね!特に引っ越したばかりの頃は、みんなで共用棟でおしゃべりをしたりゲームをしたり一緒に履修を組んだりしていました。共用キッチンやシャワーの順番待ちで、他学類の人と仲良くなることもできるので楽しいですよ(^^)

そして何より、私のようなズボラさんには宿舎がおすすめです✨宿舎はキッチン、シャワー、トイレがすべて共用で、週に数回共用スペースを掃除してくださるので、自分で掃除するのは6畳(実際はもっと狭いような気が…🤫)の自室のみ!!とっても楽です!掃除をしてくれるとしても、もちろん共用スペースはキレイに使わなくてはいけませんよ(笑)

また、宿舎では月に3回シーツを無料で交換することが可能です!一人暮らしだと定期的にシーツを洗うことは億劫なのでとても助かりますよね。

そして初めての一人暮らしでは、家具をそろえることが大変です。そこで宿舎では、予めベッド、机、椅子、ヒーターが備え付けられているので初期費用を抑えることができます。ヒーターは冬になると自動的に作動します。私は約半年間エアコン無しで生活しましたが、夏はとても暑い(沖縄出身の私でもしんどかったです🥵)ので共用棟の家電ショップでクーラーをレンタルすることをお勧めします!

玄関のセキュリティもしっかりしているので女の子も安心してください(^^) しかし油断して新品の靴を廊下に置いたり、宅配物を玄関に放置しておくと盗まれるケースがあるのでご注意を!

各宿舎によって特徴は少し異なりますが、私が居住している一の矢宿舎は自然に囲まれていて気持ちいいところです!(夏はセミがうるさいですが(笑))また、一の矢宿舎周辺では猫とよく遭遇します🐱人懐っこくてとてもかわいいです♡

宿舎のデメリットは?

次に宿舎のデメリットをいくつか紹介します!

まず皆が口をそろえて言うことは、部屋が狭い!! 5畳程の広さの部屋に備え付けの洗面台や、かなり大きい机とベッド、さらに冷蔵庫やその他の家具・家電を配置しなくてはいけないので慣れるまでは圧迫感を感じるかもしれません(笑)狭いので大人数を呼べない点は辛いです…。しかしこの狭さが逆に落ち着くという人もいますね~。個人的には無駄にモノが増えることなく掃除もしやすいので、今ではこの狭さが気に入っています👍

共用スペースが多い分、周りの人に気を使う点もデメリットかもしれません。私の棟では夜の11時頃に一番シャワーが混みあいます。部屋の壁はかなり薄いので隣の部屋で電話している声でさえ聞こえることがあります。すぐに慣れて気にならなくなりますが(笑)キッチンが共用なことが嫌だったり移動が面倒であれば、IHを買って自室で料理することも可能です。

他のデメリットとしては(一の矢宿舎には)浴槽がないことや、他の宿舎仲間が「脱獄しまーす」と言い残してアパートに移るときに切なくなることが挙げられますね(笑)

一の矢宿舎特有のデメリットとしては立地が悪いことです。他の宿舎とは異なり近くにスーパーがなく、最寄りのコンビニまでは歩いて10分ほどかかります。梅雨の時期には食料の買い溜めをお忘れなく!バイト先も比較的に遠くなることが多いです。筑波大の最北端に位置する一の矢宿舎は立地が悪いと言われますが、筑波大生があまり行かない北側の地域を散策することは個人的に好きです(笑)また、一の矢宿舎は自然が豊かなことは魅力的ですが、同時に夏になると虫がたくさん出てくるので虫嫌いの方にとってはデメリットになるかもしれません🐞逆に自然や生き物が好きな方はワクワクが止まらないこと間違いなし♪

部屋のレイアウト

先ほどデメリットで挙げたように宿舎の部屋は狭いです…(笑)

そこで部屋のスペースをどのように活用しているか、私の部屋のレイアウトを簡単に紹介します!

木のブロックでベッドを底上げして、下に扇風機やスーツケース、服を収納しています。宿舎に暮らすなら突っ張り棒は便利です!退去予定の先輩やリサイクルショップから安価もしくは無料でGETすることができます!

私は部屋の家具を基本的に膨張色の白で統一して、少しでも部屋を広く見せようとあがいています(笑)

宿舎暮らしのコツ

宿舎に住んだ経験のある方々から快適に暮らすコツを聞いてみました!

りんたろう
りんたろう

僕は2年間一の矢宿舎に住んでいました!

快適に過ごすコツは、細かいことは気にしない精神ミニマリストになることです!住めば都ですよ~♪

まる
まる

僕は1年間平砂宿舎に住んでいました!

慣れれば意外と快適~!どうしても耐えれない場合は友達の家に泊まって基本的に帰らなければ大丈夫です(笑)図書館やカフェ、友達の家など宿舎以外にも居場所を見つけておくといいかもね!

まる
まる

いや~、宿舎懐かしいな!友達とほぼ毎日平砂銭湯に入って、外にあるベンチでアイスとかジュース飲みながらだべったことはいい思い出だな~。

あと、雨の中びしょ濡れになって帰って、シャワー浴びようとしたら100円玉なかったときは絶望したな…。宿舎民は100円玉貯金するように!(笑)

おわりに

最後まで読んでただきありがとうございました!

なんだかんだ私は一の矢LOVEです💓

新入生の皆さん、何か不安なことや分からないことがあれば、気軽に声をかけてくださいね🤗

▶ここまで読んでいただきありがとうございました!

▶前回の記事を読んでいない方はこちらからチェック✅

▶次回はお家紹介~宅通編~です!お楽しみに~!

Follow me!

【新生活シリーズ第7弾】お家紹介 ~宿舎編~”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です