Cambodian Journey 第2話

これまでのあらすじ

第1話ではカンボジア観光が始まるまでの紆余曲折をお届けしました。飛行機欠航からの空港泊、カンボジア到着後の長距離バス移動など、とにかく焦らされましたね。

第1話はこちらから!


そして第2話では待ちに待った観光がスタート!第2話では、カンボジアで最も有名な観光地「アンコール遺跡」での思い出をご紹介します!

それでは、張り切ってどうぞ!

4時起きアンコール観光

4時間睡眠で迎えた次の日の朝。
私たち5人は半寝でバスに乗り込み、カンボジア随一の観光地「アンコール・ワット」へ向かいました。

ちなみにここから、カンボジア人ガイドの「石田ンゴ」さんが私たちのお供をしてくれます(ノンスタイルの石田に似ているから)。
バスでは石田ンゴのギャグが炸裂していましたが、みんな眠気のせいか半笑いでした。

そしてアンコール・ワットに到着!しかし、なんとお目当ての朝日は見れず。なんのために4時に起きたんだ、、、と一瞬ほんのちょっとだけ思いました。

とにもかくにもアンコール遺跡観光がスタート!
アンコール遺跡の情報はガイドブックを見てもらうとして、私たちの思い出話に少々お付き合いください😉

朝日拝めず

vs.石田ンゴ

アンコール遺跡では、石田ンゴカメラマンの指示に従い、ひたすら写真撮影をさせられました。各スポットで写真撮影に臨もうとする石田ンゴと、暑さと眠気で帰りたい私たちとの間には、明らかな温度差がありましたが、私たちは石田ンゴの要求に答え続けました。

まあでも、いい写真が撮れたので、今では感謝しています!

ちなみにことりは、朝日を見たら即ホテルに戻ると思っていたので、すっぴんパジャマ参戦です。

こんな感じでトリック写真をたくさん撮りましたが、けっこうハードな運動でした。

まだまだ続く撮影会

一度朝食を食べにホテルに戻り、ことりのお色直し後、再びアンコール遺跡へ。そして、エンドレス写真撮影リターンズが始まりました。

そしてここであやっぺに大事件が発生。それがこちら。

あるあるだけど、腹抱えるほど笑いました。

この後は、しっかりスコールに降られ、ダッシュでバスに駆け込み、びしょ濡れのまま昼食レストランに向かうことになります。

次回予告

なんだか写真しか撮ってないみたいになってしまいましたが、もちろんアンコール遺跡やカンボジアについても多くのことを学びました。カンボジアの歴史を肌で感じられるアンコール遺跡に是非足を運んでみてください!


次回は、ショッピングやクルージング、カンボジアフードなど、様々な内容を盛り込んでカンボジアを紹介していきます!お楽しみに〜〜

【次回】パブストリートにて

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です