第18回チャリティーフットサル大会を終えて

 

12/14(土)に筑波学院大学Tフィールドにおいて、第18回チャリティーフットサル大会を開催いたしました。

 今大会は1日を通して、競技レベルに関係なく参加者の皆様が本気で戦い、試合・コンテンツ など大会全体を本気で楽しんでもらいたいという思いのもと、「本気で、楽しめ。」という大会テーマを掲げ、様々な大会の準備を行ってきました。当日は参加者の皆様の本気でプレーし、本気で応援する姿やコンテンツなどを通して生まれたたくさんの笑顔を見ることができ、大会テーマを体現する大会内容にできたのではないかと思っております。参加者の皆様のおかげで今回も盛り上がり、素敵な大会を作り上げることができたと思います。本当にありがとうございました!

 また、今回はスペシャルゲストとして、筑波大学大学院に所属し、現在鹿島アントラーズCRO を務める中田浩二さんにもお越し頂きました。中田さんには助っ人として実際にプレーしていただいたり、コンテンツに参加していただきました。引退されてもなお衰えないプレーに参加者の皆様も釘付けで、私たちも思わず見入ってしまうほどでした。笑

お忙しい中来ていただいた中田さん、本当にありがとうございました。

 今大会も筑波大学からのみならず、様々な大学の方々や、社会人の皆様にも参加していただきました。当日も初めて会う参加者同士が交流し、仲良くなっている様子をたくさん目にすることができ、私たちの大会がサッカーを通して色々な人とつながる場になっていることを感じることができました。参加者の皆様もそのように感じてくださっていれば私たちとしても嬉しく思います。

 また、今大会の収益は私たちが行うカンボジアでの国外活動に充てられます。身近なサッカーが遠くのカンボジアの人々の笑顔につながっていることを参加者の皆様にも感じてもらえるよう、今後も様々な活動を行っていきたいと考えております。

 最後に、参加していただいた247名の参加者の皆様、大会開催にご理解いただき協賛していただいた48社の協賛企業様、今大会も皆様のおかげで大会を開催することができました。改めて本当にありがとうございました。

今後もWorldFut TSUKUBAを宜しくお願い致します!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です