国内活動

WorldFut TSUKUBAは一年を通して、大半の活動を日本国内で行っています。
多彩な目的を持ったイベントの数々は私たちが一から作り上げるものから、他団体や企業の方などと共同で開催するものまで、その姿は多様です。
ここでは私たちが行っている主な国内活動について紹介します。

チャリティーフットサル大会

 私たちが開催するイベントの中で最も大規模なものです。年に2回実施しており、200~300人規模で行われます。フットサルの試合のほか、展示やレクリエーションを通して私たちの想いが伝わるような工夫をしています。

パブリックビューイング(PV)

 サッカーの魅力のひとつ、それは「観ること」。みんなで応援する一体感・楽しさを様々な人に感じてもらうため、私たちは年に数回PVを行っています。筑波大学周辺の飲食店にご協力をいただき、日本代表戦を中心とした試合を大画面で映し出し、会場全体で盛り上がるイベントです!

学内イベント

私たちWorldFut TSUKUBAは、筑波大学をサッカーで盛り上げることにも取り組んでおり、学内でのイベントも行っています。

カレッジサッカー

筑波大生を対象に行われる、学類対抗のリーグ戦です。
部活やサークル以外の場で誰でも気軽にサッカーを楽しめる機会になっています。

詳しくは→こちら

college e-sports

 世間で最近盛り上がりをみせているe-sportsの大会も行っています。e-sportsとは、ビデオゲームをスポーツ・競技としたものです。
 私たちはこういった新しいかたちのサッカーを知ってもらい、体験する場も提供しています。

地域イベント

私たちはつくば市に根ざした団体として学内だけに留まらず、地域貢献を目的とした活動も行なっています。

つくばワールドフットサル

 つくばワールドフットサルは、留学生や研究者など多くの外国人が住むつくば市の特徴を生かし、サッカーを通して国籍や言葉の壁を越えた交流を目的とした地域イベントです。
 私たちは、つくば市やいくつかの地域団体からなる実行委員会の一員として、企画運営や審判の企画・運営に携わっています。

パラサッカー

  ブラインドサッカー(もう者向け)やデフサッカー(ろう者向け)、ロービジョンフットサル(弱視者向け)を身近に感じることのできるようなイベントをプロ選手の協力のもと開催しています。
 サッカーは視覚や聴覚などに障害がある方々にも多様な形で、パラサッカーとして楽しまれています。つくば市にはブラインドサッカーの強豪チームがあることもあり、地域のチームのご協力のもと、パラサッカーを身近に感じてもらえるイベントを開催しています。